いよいよ11月23日、名人戦世界大会が開幕いたします!遠く離れたロサンゼルスの地で世界一の座をかけた熱い戦いが繰り広げられます。日本からは5名の猛者達が約束の地へとリユニオンいたしました。

IMG_4076

さて、Opus10が発売されて新しいカードが増えて何を入れようか迷ってる、初心者でこれから始めたいけど何を入れたらいいかわからない!という人達にお赤飯が「炎属性のカードならこれはどうですか?」とオススメしていきたいと思います!

弟子との共同作業!「8-014L ダンカン」

「8-014L ダンカン」はフィールドに出たとき、コスト4以下のフォワード1体に4000ダメージを与えます。

IMG_4066

これだけの能力ですと、そこまで強くはないのですが、【カード名:マッシュ】と【エドガー】がいると途端に武神と化すのです。

基本的にスペシャルアビリティは同名カードをコストにすることで発動します。

しかしダンカンは、自身をダルにすることと【カード名:ダンカン】または【カード名:マッシュ】を手札から捨てることでスペシャルアビリティを発動が可能です。

スペシャルアビリティは、「フォワードを1体選び、それにダンカンのパワーと同じダメージを与える。」

ちなみにこれはダンカンのパワーが上がっていればそのパワーがダメージになるのでこういう書き方をしていますね。

弾として使える【カード名:マッシュ】は「4-021L マッシュ」と「8-019C マッシュ」の2枚です。

IMG_4070

正直、「4-021L マッシュ」の方は効果が強いので弾にするのは勿体ないです。

マッシュがフィールドに出るかアタックしたとき、自身のフォワード1体をブレイクされないように守ってくれます。

これは「マッシュ以外」と記載されていないのでマッシュ自身もブレイクされなくなるのです。

IMG_4073

弾丸にするカードはこちらのマッシュでいいでしょう。仮にもしフィールドに出していたとしても、マッシュがアタックしたときに【カード名:エドガー】がいれば4000ダメージを飛ばすことができます。

つまり、4000ダメージを与えた後、マッシュのパワー分、5000ダメージを与えるということです。

うっかりパワーコスト5のパワー9000フォワードでブロックしようものなら、痛いしっぺ返しがきてしまいます。

ちなみにエドガーも「4-004H エドガー」と「8-005C エドガー」の2種類ありますね。

IMG_4077

炎属性のカードでしかデッキを組まないのであれば、こちらのエドガーもオススメです。

しかしうっかりエドガーがブレイクゾーンに落ちてしまった場合、マッシュの効果が生かしきれない盤面も出てくるかもしれません。

そんな攻撃の要を担うカードの補助であれば、バックアップにいると安心して攻撃出来ますね!

IMG_4074

ちなみに「4-004H エドガー」は自身をダルにするとフォワード1体に2000ダメージを与えられます。

「8-005C エドガー」は自身をダルにすると【カテゴリ(Ⅵ)】のカードのパワーを+1000してくれるので、マッシュだけではなくダンカンのパワーも上げることか出来ますね。

ただし「4-021L マッシュ」と「4-004H エドガー」はカードのレアリティが高いのでお値段が少し高い可能性があります。

そこはお財布相談してくださいね!

いつの間にか増えてる!?「7-002R アイギス」

Opus10で強化された光の戦士シリーズの中でも、いつの間にか盤面が整ってしまうカードがこの2枚です。

IMG_4068

「7-002R アイギス」はアイギス以外の【ジョブ(光の戦士)】のフォワードにブレイブを与えます。
さらにアイギスがフィールドに出たとき、コスト2のフォワードを手札から1枚フィールドに出しても良い。実質2コストで2体出てきます。

このカードと相性がいいコスト2で光の戦士となると、「7-012H ソール」でしょう。

IMG_4069

ソール以外の【ジョブ(光の戦士)】のフォワードをコントロールしている場合、ソールのパワーは+2000され、ヘイストを得ます。

アイギスがいればブレイブもつき、フィールドに出たターンから行動することができるソール。

さらに光の戦士で固めるのであれば、火属性と光属性に1枚ずつありました。

「5-024H ルーネス」と「10-128L レフィア」です。

IMG_4072

ルーネスはルーネス以外の【ジョブ(光の戦士)】と火属性のパワーを+1000します。
※どちらか1つ条件を満たしていれば、パワーが上がります。
※どちらの条件を満たしていても、上がるパワーは1000です。

アイギスは9000に、ソールは8000のブレイブ+ヘイストのフォワードになります。恐ろしいゴリラですね。

IMG_4071

ちなみにルーネスが出せなくても、レフィアからフィールドに直接だすことができます。

レフィアはフィールドに出たとき、コスト4以外の【カード名(アルクゥ、イングズ、ルーネス))】のいずれかをデッキからサーチし、フォワードに出していい効果を持っています。

デッキからサーチしてそのまま出せるのでお得ですね!

またレフィアがアタックしたとき、対戦相手のフォワードを1体選びます。【ジョブ(光の戦士)】
4体以上コントロールしている場合、選択したフォワードを除外できます。

実質2コストでレフィアとルーネスが出せ、アイギスやソールなどの光の戦士がいれば、毎ターン何かしらのフォワードが除外されてしまいます。なんて恐ろしいカードなんだ。

相手がフォワード1体しかいなかった場合、レフィアがアタックした後そのフォワードを除外。

レフィア、ルーネス、アイギス、ソールの猛攻が防げず一気に4点。

そんなことももしかしたら起きてしまうかも……?!

おまけ!アタック中のパワーアップ剤として!

アタック中、もしも「パワーラインが低いな」と感じたら「8-022R ロールスパイダー」もオススメです。

IMG_4067

このカードはモンスターカードで、アタックなどは基本的に出来ません。

補助として発動するフィールドアビリティのようなものです。

ロールスパイダーはコントロールするアタック中のフォワードのパワーを+3000にします。
注意が必要なのは、「アタック中のみの効果」であるということ。
アタックが終了すれば、アタック中に上がっていたパワーが元の値に戻ります。

アタック中に受けたダメージが、もしもパワーと同数、またはそれ以上だった場合ブレイクされてしまいますので注意してください。




火属性のカードは互いのパワーを上げたりバフをつけたりする「転んでもタダでは起き上がらない」タイプのカードだと思っております。

こんなコンボも実はあるんだよ、という方はこっそりとコメントくださいませ!