FFTCGのカードにはそのカードが持つ効果の他に、共通効果として書かれている能力があります。
テキストの最初、または途中で出てくる「ブレイブ」や「ヘイスト」などといった表記のことです。
この表記があるカードは、カードの効果とは別で特殊な能力を合わせて持っています。

FullSizeRender

「4-089R バレット」と「1-182L クラウド」のテキスト部分には、一番最初に「ブレイブ」と書いてあります。
これが、カードの効果以外の能力になります。全く異なるカードに共通の効果を持たせています。

カードの能力は4種類

特定のカードには特殊な能力が記載されています。その効果と名称を見てみましょう。

ブレイブ
自分がアタックする時にダル状態にならない。次の相手ターンもブロックすることが可能。
ただし召喚獣や他のカードの効果によってはダル状態になる。

ヘイスト
フィールドに出たターンからアタックすることができる。

IMG_3683


先制攻撃
アタック時に相手からブロックされると、先に自分の攻撃から解決する。

IMG_3684

例)
白虎のルシ クンミ:パワー6000先制攻撃
モンク:パワー6000

IMG_0005

ダメージの計算方法は、先制攻撃をもつカードが先に行われます。
よって、パワーはどちらも6000ではありますがクンミの攻撃がモンクに通るため、モンクが攻撃する前にブレイクされてしまいます。


バックアタック
通常キャラクターカードを出す時は自分のメインフェイズに行われますが、バックアタックの効果を持つカードは、全てのメインフェイズ・全てのアタックフェイズの後にコストを払ってカード出すことができます。

IMG_3686

ゲームの流れについてはこちらで詳しく説明しています。



特にブレイブヘイストは雷と火あたりでよく見かけるテキストです。デッキを組む時も意識すると速攻性の高いデッキが出来上がりますね!
逆に対戦相手が使用してくるデッキだった場合はモタモタ準備(フォワードを出さずバックアップを出しているとか)しているとあっと言う間にダメージが通ってしまうので気をつけましょう。

カードのアビリティについてはこちらで詳しくご紹介しています。