FFTCG(ファイナルファンタジー・トレーディングカードゲーム)をやってみたいという人がここ最近で増えてきたみたいでとても嬉しいです。 

お赤飯は「ファイナルファンタジーが好き!」という理由だけでFFTCGを始めました。ルールをまだ理解しきれておらず、目下勉強中の身です。

お赤飯はファイナルファンタジーV(FF5)のバッツ・クラウザーが好きで、初めて見学で参加したのはOpus7が発売された年の名人戦でした。

ファイナルファンタジーのゲームは知っているけれど、カードゲームがあると知らず、ましてや書き下ろしいらイラストもあると知らなかったので衝撃的でした。

↓お赤飯が引き込まれた画力をお持ちの『松田俊孝氏』による描きおろしイラストについて




対戦している時にルールを聞くことができるのがFFTCGをプレイしている人達の優しさですが、人に聞くのが苦手という方もいると思います。

またルールが分からないまま見学するのも面白くないですよね。

「ルールブック見てもわからない!」
お赤飯も覚えるのに苦労した「凍結」「パーティアタック」「EXバースト」のルールを初心者の人向けに書いていきます。一緒にやり方をマスターして楽しくプレイしましょう!

「凍結」とはズバリ「アクティブにならないこと」

氷属性のカードをみると多く書かれているキーワードが「凍結」と「ダル」です。

IMG_0022In

「ダル」は「カードを横向きにすること」でしたね。「ダル」についてわからなければこちらの記事もお読みください。



凍結とは「次の自分のアクティブフェイズにアクティブにならない」という効果のことです。

お赤飯も間違えて覚えていたのですが「FF零式」や「FF6」をプレイしていると、凍結は「何もできないこと」と思い込んでしまいます。
「アクティブにならない」だけで、アタックやブロックなどは可能です。

自分のアクティブ状態フォワードが対戦相手に「凍結」の効果を与えられた時、凍結したフォワードはアタックができます。
しかしブレイブを持っていないフォワードがアタックすればダルになりますね。

この場合、凍結されたアクティブがダルになるので、次の自分のターンではアクティブになりません。アクティブになるのはその次のターンになります。

FullSizeRender


一見、アクティブ状態のフォワードに「凍結」を与えても意味がないように思えますが、ダル状態にさせたくない場合はアタックを控えるようになりますよね。

つまり、アクティブ状態で凍結の効果を与えられたとき、そのままアタックしてしまえばダル状態になるので「ダル」+「凍結」になってしまい、次の自分のターンでアクティブになりません。

相手も同じことが言えるので、ダル状態のキャラクターを凍結できなくても効果を与えるだけでも、次のアタックを止めることができるかもしれません。

自分のコントロールするフォワードがダル状態じゃないからといって、凍結になっているフォワードやバックアップをダル状態にすると、次の自分のターンで起き上がらないので注意してください!

パーティーアタックで強敵を打ち破れ!

パーティーアタックとは、「同じ属性のカード2体以上で一緒にアタックすること」です。

パワーが高い相手に対して、2体分のパワーを同時に与えることができます。

そのため、「パワー未満のダメージを受けない」という効果も無効にできるのです。

パーティアイコンは、カード名の横についているippan_iconのマークです。このマーク同士であれば属性が違くてもパーティが組めます。ちなみにパーティは何枚とでも組むことができるのです。

追記
すみません、Twitterにてまた教えていただきましたので修正いたしました。

ippan_iconこのマークは「一般アイコン」というもので、フィールドに同じ名前のカードを出してもいいというものです。
お赤飯はこの一般アイコンに「属性が異なってもパーティを組める」という意味も含まれるのかと思っていましたが、違いました。
※パーティアイコンは、Opusより前に遊ばれていたChapter時代のルールです。パーティを組めるのは同属性です!

同じ属性であればいいので、盤面次第では夢の共演ができるかもしれません。

例えばFF5(ファイナルファンタジーⅤ)のガラフとクルルのお爺孫コンビでパーティアタック!

IMG_4085
IMG_4084

※あくまでも夢の共演の話です。

パーティアタックは、よくチョコボのデッキで見ることが出来るでしょう。

IMG_4082
IMG_4083

チョコボはパワーラインが低いので、それを補うようにパーティを組んでパワーの底上げをします。

カードによっては嬉しい効果も付いてくるので、戦況によってはどのチョコボとコンビを組むのか考える必要がありますよね。

チョコボデッキについて詳しくはこちらの記事でも触れています。


パーティを組んだ時に、チョコボのカードのような「パーティを組んだとき、他のフォワードに〇〇する」の効果は、パーティにそのカードが含まれていれば発動されます。

パーティアタックではいくつか勘違いしやすい効果がありますので確認してみましょう。


効果の全体化はしない
先制攻撃や「ブロックされない」などのアビリティは、パーティを組んだカード全部に付与されていないと全体化されません。

IMG_4157

「1-071L ジタン」は、コスト4以上のフォワードにブロックされないという効果を持っていますが、もう一枚に同じ効果は付与されません。

しかし、「ブレイブ」(アタック時にダルにならない効果)はそのカードに付与されたままなので、ダルになることなくアタックが可能です。
先制攻撃やブロックされないなどはダメージに関係してくるので全体化されないけれど、ブレイブ自体はダメージ計算に関与しないのでできる、ということですね。

〈追記〉
Twitterにて教えて頂きました。
例えば「1-071L ジタン」と「1-086C ユフィ」がパーティアタックをした場合、ブロックはコスト3までのフォワードにはブロックされてしまいますが、コスト4からのフォワードにはブロックされません。

どちらもブロックされない効果を持っており、
ユフィのブロックされない基準とジタンのブロックされない基準が一致した「コスト4からのフォワードにブロックされない」効果が付与されます。

IMG_4159


パーティは何体でもOK!
パーティは何体で組んでもいいすが、基本的には2体で組むことが多いです。

パーティアタックがブロックされた時のダメージ計算
また、パーティがアタックした時、いくらパワーが上がったとしてもブロックされることはままあります。
その時のダメージ計算はこうなります。

FullSizeRender

この場合のダメージ計算。ブロックした8000ダメージは分散してパーティにそれぞれ与えられます。

この時!!ダメージをどのフォワードにどのくらい与えるか考えられるのは、
パーティアタックした方か、それとも
ブロックした方かどちらか分かりますか?

ズバリ、「ブロックした側」です。
そのため、パワーを3000と5000にわけてダメージを与えても良し、パワーを4000ずつに分けて与えるのも良しです。

FullSizeRender

**2019/12/29 パーティアタック追記**
またも「なるほどねー、完全に理解したわー」という事があったので追記します。

IMG_4581

「10-020L レェン」が、プレイヤーがコントロールしているWOFF(ワールド オブ ファイナルファンタジー)のフォワードがアタックする度に4000ダメージを与えてくる恐ろしいカードであることは皆さんもご存知でしょう。

ではこの効果は、パーティアタックした時にどうなるのでしょうか?

スクエニ社が出している公式のルールブックにはパーティアタックについてこう記述されています。

パーティーを組むとは複数体のフォワードを1つの フォワードであるかのようにアタックするというキーワード行動である
FF-TCG 総合ルール ver.2.00最終更新日2019年 9月25日 p.22-p.23

お赤飯も勘違いした部分なのですが、パーティアタックはフォワード2体が1体に合体するわけではありません。

先程の「10-020L レェン」がとてもわかりやすいですね。

例えば【カテゴリ:WOFF】のキャラクター2体がパーティを組んでアタックしたとしましょう。

FullSizeRender

この場合、パーティを組んだフォワードが1体ずつ、レェンの「【カテゴリ:WOFFのフォワードがアタックする度に4000ダメージを与える」という効果が与えられます。

つまり4000ダメージは2回飛びます。

パワー8000のフォワードをうっかりぽっくりブレイクしてしまう……なんて恐ろしい子なんだレェン……。

おさらいすると、パーティアタックはこんなことが出来ます。

  • 同属性で組む
  • パーティは何体とでも組める
  • ダメージに関係する効果は全員持っている必要がある
  • ダメージ配分はブロック側が決める
パワーが強くて太刀打ちできない!という盤面でも、パーティアタックを使ってみるとダメ―ジが通ることもありますよ!

キュウソネコカミ?!EXバーストを捲れば逆転のチャンス!


フォワード、バックアップ、召喚獣のカードには名前の横に「EX」と書いてあるものがあります。これがEXバーストと呼ばれるカードです。

ダメージを受けた時、デッキのトップ1枚をダメージゾーンに置きます。その捲れたカードにEXマークがついていた場合、効果を発動することが出来ます。
もちろん、フォワードとしてフィールドに出した時でも発動します。

7-077L

テキストにも「EX BURST」と書いてあります。この場合、一段落(改行されているところ)までがEXバーストの効果です。
「7-077L ノクティス」の場合は、「あなたがダメージを受けたとき、フォワードを最大1体まで選ぶ。あなたの受けているダメージが6点の場合、それをブレイクする。」までがEXーストです。

その後の「あなたがダメージを受けたとき、フォワードを最大1体まで選ぶ。それとノクティスはお互いのパワーに等しいダメージを与えあう。」はフィールドにフォワードとして出たとき効果になります。

EXバーストは、効果がスタックできません。効果は問答無用で解決されます。

①ダメージを受ける
②デッキトップを1枚ダメージゾーンに置く。
③カードがEXバーストの効果を持っている。
④スタック(カード効果の上乗せ)はされず、そのまま解決へ。

このような流れです。
そのため、選択されたカードがブレイクなどされる前に、効果をスタックしたくてもできませんので注意が必要です。

カードの強さはカードの効果ももちろんですが、EXバーストの効果を持っているかどうかも選ばれる基準になりえるものです。

フィールドに出したときに、仕事をするカードが重宝されるという事ですね。


パーティアタックや凍結といった、少し変わった戦法や効果は覚えにくいものが多いです。
きちんとどんな効果なのか理解すれば、より多くの戦略で挑むことが出来ると思います!

お赤飯もわからないことばかりではありますが、FFTCGはプレイしてみると楽しいですよね!
ファイナルファンタジーの色々なカードや胸熱な効果もあるので、わからないことはドンドン記事を書いてわかりやすくしていきたいと思います!

プロの方やベテランの方々は、「このカードおすすめ!」や「これ違うよ!」などありましたら、コメントまたはツイッターなどで教えてくださいませ。